Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
スイーツ文庫『Cute is the best! キュートイズベスト』
スイーツ文庫『Cute is the best! キュートイズベスト』by 桜かずき
銜え煙草で仕事をする、三十路過ぎの佐伯翔子《さえきしょうこ》。その男勝りでサバサバしすぎた性格ゆえ、男性社員からは女として扱われる事がない。だがそんな翔子には、ずっと隠し通してきた事があった。それは、可愛い物には目が無いということ。可愛い雑貨やぬいぐるみ、そんな物を見てしまうと、これでもかと顔が緩んでしまう。こんな自分を周囲に知られるのを恐れていたのだが、ある日突然、会社社長の西山仁《にしやまじん》が、翔子の隠しごとを知っている素振りを見せ始めた!
作品紹介ページへ




qrcode





*マリクロ|電子書籍総合出版社 作家公式ブログ*
「桜かずき」作品情報

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 2014.12.05 Friday | - |

終わったぜーーっ♪
01:55
 ひゃほーーいっvvv
終わったーーーっvvv

新作、書き終えました
ただいま推敲最中ですが、すごく時間かかっちゃったな〜…なんて思って。
でも、一時期、両親の死以後、本当に何も書けず、やめた方がいいのかな…なんて思った事もありました。

だけど、書き終えてホッとしてます。
まだ書けるよ、自分。
皆様にお届けできるよ、お話を。

これから提出して、編集部の方にダメだし(笑)して頂いて、皆様のもとへ。
今回もラブコメ系ですが、年下男との年の差でございます

ふぅ…。
もう真夜中ですよ……。丑三つ時……きゃーーっ
というか、昼間の仕事が落ち着いてきたので、早番で帰ってこれるから、一気に進められました。

さ、明日もまた読み返して、提出したいと思います

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 2012.09.10 Monday | 執筆 |

き…切り替えって…。
23:40
 新作執筆が、思った以上に進みだした(笑)、今日この頃。
先月に、両親の骨納めを終えてから、急に書けるようになってきたのですが。(^^;

現在、別ネームでの執筆も同時進行してますが、これがまた…。
キャラ設定の年齢差が激しく(笑)、一日にこれら二つの小説を書けないという、笑い事では無い状態。
というのも、小説を書いている内は、その世界観にどっぷりなワケですよ。
その世界観から抜け出すのに、数時間経ったくらいじゃ無理だという事に気付いた、わたくし。
なので、その日どちらかを書いたなら、翌日まで違う方を書けないんですわ。
とはいえ、現在かずきの新作も、いい感じで進んでます。
今回も三十路過ぎ女がヒロインですが、キタぞ!年下男っvvvv

かずきも、既にアラフォーで御座いますが、年下男が可愛くて仕方無いっ!
職場仲間の中でも、年下男にちょっかいかけたくて(笑)ウズウズしちゃってるという♪(^^

いやいや、これじゃただのオバサンなのだが、でも、この年下男の魅力というのは、三十路回らんときっと分からないだろう…と、ココ最近思った。
二十代の時の年下ってのは、ホントに年下、若い、幼いという感じで、かずきは絶対パスという状態だった。だが、三十路回って年下ってなった時、ある程度大人なわけですよ。ちゃんと男になりつつある、又は男なわけですよ。
それが、この年代になると萌えになるというか…。

ってか、あくまでかずきの感じた事なので、三十路女皆様が思う事ではないのですが…。
ちょっとした言動にDQNさせられてしまう、危ない年代でもあるのかなと(笑)vvv

というわけで、次の新作はそんな感じで御座いますvvv
いい感じでカキカキしてますんで、もう少し待っててやってくださいまし♪(^^v
特に、三十路以上のお姉さま方に読んで頂いて、忘れかけている気持ちを取り戻してほしいなーなんて、おこがましくも思ったり。

頑張るよ〜♪

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 2012.07.17 Tuesday | 執筆 |

子育てにマニュアルはない! その11
00:42
 酷く間が空いてしまいましたが…。

さ、イキマショ♪(^^

前回、歩行器とのお別れまで行きましたが、一気に飛んで、今回はちょっと進みます。
また戻るかもしれませんが、その時はプレイバックで御座います。

でもって、今回は、小学生。
幼稚園、保育園ではあまり問題になる事はないのですが、小学校に入った途端、ママの不安を煽るのが、友人関係で御座います。
つい最近も、『いじめ』での自殺がありました。←中学生だったでしょうかね。
某県での出来事ですが、学校側が『いじめ』と『自殺』の関係は無いと発表したが、生徒達の発言でどう考えても関係あるだろ…という内容。

無いわけがないんですよ。
しかも、軽いいじめとは程遠いいじめ。それに、教師達が気付いていないわけがない。
というか、今の教師は正直アタシは嫌いです。
ハッキリ言いますけどね。
親達の反感、反論、顔色、色々面倒くさがりです。
本来、学校とは一つの世界ですよ。
そこに、親の介入する場は無かったはずなんです。
なのに、くだらない事で親が介入するようになって、それをハイハイと聞いている…。
何だ、お前等!?って言いたくなりますよ。
もう、引退した教師の方が、本当にアメと鞭、ちゃんと持ってましたよ。(全ての教師とは言いませんが、大抵の教師はそうだったと思います)
厳しかったですけど、ちゃんとアメちゃんもくれたわけです。←本当に飴玉をくれたわけじゃないっすよ(笑)?

モンスターペアレンツなんて、くだらない言葉が出来上がりましたが、ただ単に、ガキがガキを産んでしまった結果だと思いますよ。当たり前の事を当たり前に思えない、というか、親に教えてもらってこなかった人間が親になってしまったから、結局、対人間になると、自論が常識と考えているという、ワケ分からんヤツが増えてしまった。

昭和を笑うヤツがいるが、昭和には色んな教えがあったと思う。
当然、かずきは昭和生まれだが、今でも親が口酸っぱく言った言葉というのは、頭の隅に残っている。
かずきは、お子達にずっと言ってきている言葉がある。何か悪さをした時には、必ず言う。

『自分が嫌だと思う事は、他人にするな』 だ。

だが、無意識の内にしてしまう事もある。その時は、気付いた時点で、ちゃんと話をしようと言っている。謝るべき事は、謝る。そうする事で、相手にも恨みを持たれずに済むだろう。
ただ、その気付くというのは、自分で気付けばいいが、気付けない場合が多い。だから、会話というのは大事だと思っている。他人に指摘される事で気付く事は多い。
指摘された事で怒っているようでは進歩はないと、自分を戒めた方がいい。

ちょっと話がずれましたが、小学校に入ったお子を持つと、不安は消えません。
だけど、自分のお子を信じましょう。そして、何かあった時、普段と違う言動をするという事は、お子だからあります。それを見逃さないで。

ニュースになった自殺した子の親にも、やっぱり言いたいです。
どうして、気付いてあげられなかったのかと。
絶対に、何かシグナルを出していたはずなんです。それを見逃していたのは、貴方達ではないのですかと。
子供で、それを完璧に隠し通して普段通りにしていたならば、親のどちらかが、そういう事を得意としてませんか?と。

先日、そういったニュースを見たので、ついつい書いてしまいましたが…。
勿論、かずきが思った事ですので、全ての親に共感を得られるとは思ってません。かずき自身が、お子達四人を育てていて、私も仕事をしている親ですから。
お子達と話す時間なんて、なんぼもないです。だけど、何かが変だと思った時には、何かしら二人きりになる時間を作って、話そうとします。

だって、自分のお子達を愛してますからね…。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 2012.07.12 Thursday | 子育てマニュアル |

とうとう…。
22:42
 長女が受験生デス。
先日、とうとう「カテキョつけてほしい」と願い出てきた。

ようやく、自分の危機を感じたのだろうか…。
今のままでは、本当に片手で足りるほどの学校しか選べない現実を知り、しかも第一志望の高校も危うすぎるという、なんとも悲しい事に。

そして、今日、ネットで調べたカテキョからアドバイザーさんがいらっしゃいました。
話を聞いて、長女も頑張るということで、週一で来てもらうことに。
だが、お値段聞いて、母ちゃんテーブルに頭ぶつける勢いでした;

いや、分かってはいたんだけど(アタシも受験でカテキョをつけた事があるので)、そのお値段プラス受験生コースのテキストやら付属で最初に掛かるものがデカイ!
長男坊の学費で冷や汗かいてる毎日なのにーーっ;

だけど、今しかヤツがこんなに必死になる事もないと、ダーリンと話して、親が頑張らねばと…。

ほんと、子育てって…。
大きくなればなるほど金がかかりますよ…。
赤ん坊になんて、たいした金かからんっつーのに、子供手当ては何故か赤ん坊世代に恩恵があるのって、絶対おかしいと思う、今日この頃……。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 2012.06.26 Tuesday | 日記 |

久しぶりで申し訳ないです;
00:44
 何だか、ようやく最近、普通になってきたかなって思います。
今迄、やらなきゃ、こうしなきゃって無理して頑張っていた節があるんですが、今はそんな感じじゃないです。

昨年の両親の死から、立ち直っているようでなかった感じですね。
つい最近、ようやく二人のお骨を、お墓に納めました。
それに立ち会ってから、少し気持ちが変わりました。
色々思う事はありすぎますが、今は、書き捨てていた物語を読み返しながら、その続きを紡いでいけるものは紡いでいます。
そして、今新に、書き出した物語が進んでいます。
完結したら、きっと今までのかずきとはちょっと違った物語になっているかなーなんて、思ってますが。

今、数年前に書いていたラノベ的な、現代ファンタジーを、もう一度ちゃんとお話にしてあげたい気持ちがあります。
いや、ずっとあったんですが、それを中々する時間がなくて、でも、ずっと忘れられない物語で。
だから、きっと、しっかり完結させたいなって思ってます。

それと同時に、人生における様々な壁への向き合い方、そして乗り越え方など伝えていけたらいいなって、ここ最近思います。
人生様々…。
そういう意味では、普通に平凡に暮らしている方より、変な経験を積んでしまったかずきが、皆様に教えてあげられる事があればいいなって思います。
生きていれば、ほんと予想もしていなかった事にぶち当たる事があります。
それを、どう生きていくか、リアルにお届けできればなって思います。

ただ、それを伝えるには、かずきはちょっと年が若すぎるのかなとも思いますが…。
決心できた時には、リアルに伝えていきたいなって思います。
BLOG更新も、マメにしていきますね。これから。(^^

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 2012.06.12 Tuesday | 日記 |

雪祭り。
23:09


そろそろ始まる、『さっぽろ雪祭り』。
お仕事終わっての帰り道、いつも出来上がる様子をみていますが、いつの間にかこんな可愛い氷のオブジェがvvv
まだ、作業している皆さんが頑張ってましたが、思わず綺麗で写メ撮っちゃいました。

LED使ってる所為なのかしら?
いつもより、綺麗な照明に見えます。
パステルな照明が多い感じかなぁ。
って、二丁目と三丁目くらいしか見えないんだけどね(笑)。
でも、ちょっと楽しみっす。
今年は、仕事帰りにしか見れないだろうけど、コレがちゃんと出来上がったら、正面から写メ撮ろうと思いましたさ♪
あ、ちなみに、これ、後ろ側です(笑)。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 2012.02.03 Friday | 日記 |

モテ期デスカ?
22:44
 ここ最近、年下の男の子が妙に接近してくる(笑)。
昔から、『オヤジキラー』と呼ばれる事は多かったが、この年になって、何故か年下の男の子が、やけに側に寄ってくるvv

嫌じゃないけどね♪
他愛ない話なんだけど、腕が触れるほどの距離で話しかけてくる男の子達が妙に可愛いvv
しかも、ちゃんとアタシが一人の時を狙って来てくれるので、ちょっとその行動が可愛すぎてからかってやりたくなる(笑)。
一昔も年下の子達なので、ついつい『オネエサンが、色々教えてア・ゲ・ル♪』ってなからかいをしたくなるのだvvv

っつか、まだ二十代の男の子達なので、女と接近するだけでちょっと動揺するような年頃なのでね。
変な誤解を生むような行動はしてませんが、かずきは楽しくて仕方が無いっす♪
こんな状態なので(笑)、年下話をそのうち書いているのではと思いますがvvvv
もうちょっと彼等を色々からかいつつ、観察しながら(ひでーな;)、楽しいお話書けたらいいなーって思ってます。

あぁ、ほんとゆっくりと文字に向き合う時間が欲しいかずきでございますーー。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 2012.01.15 Sunday | 日記 |

今年も宜しくお願いします。
22:51
 年が明けて、かずきはグダグダです(笑)。
いやいや、昨日、●十代最後の年になり、後一年で●十歳になるわけですが…。
年々、体が硬くなり(泣)、それを解そうと必死になるババア♪

あぁ…、今年は楽しい一年にしたいですね。
昨年は、葬式ばかりだったなーと思います。
ほんと、年末にも、親戚の不幸が届きまして、最後の最後までそんな話題だったので、今年は少なくとも一人で済みたいなと思ってますよ。
ダーリンの親の兄弟が、年も年なので、どうしても仕方の無い話なのですが、出来ればやっぱり最低一人で終わって欲しいです…。
何人もってのは、昨年で終わって欲しいですね。

今年は、かずきにとっても、そして皆様にとっても笑顔で終われるような年になるよう、お祈り申し上げます。

って事で、今年はガンガン執筆できればいいなって、意気込んでますんで!
どうぞ、桜かずきを可愛がってやってくださいねvvv

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 2012.01.06 Friday | 日記 |

寒い夜だから…?
22:38


おしるこ作りました(笑)。
久しぶりのおしるこなので、美味かったっす♪
北海道は既に雪景色。
これからもっと寒くなるなぁ…。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 2011.12.02 Friday | 日記 |

ホワイトイルミネーション。
20:26
今日からだったのかな?
仕事を上がったら、キラキラしてたvv

 




思わず立ち止まって、じーっと眺めていたかったけど、お家に帰ってご飯支度が待っていたので、写メだけ撮ってバイバイしました。
まぁ、明日も仕事上がったら見れるからいいや。
何せ、仕事場の目の前が大通公園だからさ♪

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 2011.11.25 Friday | 日記 |